ストレスなどの頭痛はうつのサイン!早期発見により薬の力で症状抑制

抗うつ剤の利用ルール

服用

抗うつ剤によって、治療をすすめるという人も中にはいます。薬の力なら、特有の頭痛症状などを軽減できるのが期待できます。しかし、服用するにはちゃんとしたルールがあるので、用法容量を守りながら正しく利用していきましょう。

詳細

中々治らなかったら

看護師

少しでも可能性を感じたら

普通に日常生活を送っていると、稀に体の何処かしらが痛む時があります。痛みの症状は人それぞれで、頭痛であったり、首や肩であったりする人もいます。あるいは、腰や背中に手足が痛いという人もいます。人によっては、疲労困憊になっているからこそおきていると思い込んでしまいます。外部からの帰宅後に、すぐベッドインして休息をとることを選ぶ人もいます。もしくは、痛みが生じている患部に効果がある薬を服用して様子見する方法もあります。実践して翌日になったらスッキリと症状が改善されているということもあれば、全く治っていないという場合もあります。やむを得ず近くの病院にいって検査をしてもどこにも異常が見当たらないと医師から言われてしまうこともあります。ひょっとしたら、体の異常からなる症状ではなく、ストレスによって引き起こされている症状の疑いがあるかもしれません。ストレス性の症状の場合なら、普通の内科などではなく、精神科や心療内科を訪ねた方がよいです。もしかしたら、うつ病の特有症状である可能性が高いです。

頭痛が引き起こされる原因とは

意外とうつ病と体の痛みは結びつきにくいイメージを持ってしまいます。なぜなら、うつ病は精神的な症状で、気分が沈みきってしまう事によって引き起こされるものだからです。精神的なものだから、身体自体に異常は生じないのではと思っている人も多い傾向にあります。実は、うつ病などの精神的な症状に陥ったら、体への影響も少なからず出てきてしまいます。気持ちが沈みきってしまうと、自律神経が乱れてしまい筋肉などが緊張してしまいます。緊張によって硬くなった筋肉の影響で体内を流れる血管に圧がかかってしまいます。圧がかかったことによって血流の流れが悪くなってしまい頭痛などの症状が引き起こされてしまうのです。

適切な薬を貰って治す

逆を言えば、痛みによってうつ病を発症させているのではないかという疑いが生じやすいです。多彩な医療機関へ行って検査を受けても異常が見られなかったら、その時点でうつを発症させていると疑うべきです。それに、早期発見をすれば、薬などの治療で比較的短い期間で改善させられる可能性があります。ストレスに関連する頭痛などの症状だと認知した時点で、病院のはしごをやめて、すぐに心療内科などで適切な薬を貰って治しましょう。

脳内にセロトニンを

医者と看護師

うつ病に関連する頭痛症状は、脳内のセロトニン分泌が減少してしまったことで引き起こされる症状です。痛みを除去するために、気分安定剤などの薬を使用して脳内のセロトニン分泌を促進させていき、症状を改善していきましょう。

詳細

その他の症状も抑制

ウーマン

精神科や心療内科などで、処方させるうつ病症状に特化した薬は、頭痛発作以外にも効果をもたらしてくれます。脳内のセロトニン大量分泌によって、急な怒りや不機嫌になるといった感情に関するものも抑制してくれます。

詳細

本を頼りに探してみる

錠剤

うつ病になったら、どんな精神科や心療内科がおすすめなのかが、わかりにくいものです。そこで、おすすめの医療機関や薬剤治療方法などが掲載している書籍を購入して利用しませんか。頭痛などの諸症状を軽減させるヒントが載っています。

詳細